カーブスでは、ご自宅にある食料品を集め、食料を必要とする福祉施設に届けています

 

〈現状〉

 日本において、生活保護を必要としている方々は、1995年辺りから人数が増加し、現在は約200万人と発表されています。そのうち母子家庭は約10万世帯を超えています。

また、児童養護施設に入所しているお子さんの数は年々増えており、今では3万人を超える児童が施設で生活をしているのです。

豊かに見える日本でも日々の生活に不安を持ち、時には明日の食事に不安を感じる人達がいます。

その一方で、日本では年間1900万トンもの食料が廃棄されており、その半分以上を占める1100万トンは、一般家庭から廃棄されているというのが現状です。

 

〈カーブスが取り組む理由〉

 そこでカーブスは、私達にも出来ることを考えました。

一人では何も出来ないと思っていても、みんなで力を合わせれば大きな力になります。

2007年から始まったカーブスの「フードドライブ」は、少しずつ食べ物を持ち寄って、お届けをする活動です。 皆様でお持ちいただければ多くの人々の力になることができます。

 

  

社会福祉法人 舞鶴学園様へお届けしました

舞鶴学園の皆さまより心のこもった手作りのお礼状をいただきました♡

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから